中級Jラン目線から見るCOJブログ

J帯の人間から見てみるCOJの考察とかです

COJブログ始めてみました&とりあえずデッキ(赤)紹介

 

はじめましてこんにちわ。レオパル丼(ドン)ともうします。

普段はゲーセンでは格ゲーやっているのですけど、合間合間にやってるCOJが割とメインになってきていろいろと言いたいことも溜まってきたしCOJ盛り上げるにはブログの弾数も増えたほうがいいと、偉い人も言っていた気がしたので始めてみました。

タイトル通りおそらくこのゲームで1番プレイしている人が多いと思われるJ帯目線で思うこととか役に立つかわからないプレイングの話をしようかなと思ってます。
さて、前置きはいいので現時点(11/8)での自分の成績はこちら

f:id:reoparudon:20151108034303p:plain


基本プレイ無料化になってから本格的にやり始めた後発プレイヤーです。
査定もどんどん緩くなってきたので昔は遠い存在だった(らしい)Jランクも結構届きやすくなっています。

デッキはその時のDOBに合わせて変えたりしていますが今メインで使っているのはこれ

f:id:reoparudon:20151108034543p:plain


ほぼ赤単でタッチ?にファフニールを入れてあります。

各カードの説明をしていきます。長くなったので読みにくくてすいません・・・(画像と効果は省略します)

 

<デビルウィンナー>
言わずと知れた最優秀サーチ珍獣。デッキ圧縮、進化の土台、魔法石発動など赤いデッキには必須のカード。

<風紀委員マコ>
このゲームの先攻で最も出されるであろうユニットのひとつ。当然このデッキでも先攻マリガン基準となります。
マコをデッキに入れる時は「サーチする悪魔カードを何にするか?」を考えなければなりません。
その代表が言わずと知れた<蝿魔王ベルゼブブ>ですが、このデッキにおいてはベルゼは採用せず後述のパズズのみとしてあります。

パズズ
このデッキのキーとなるカードです。
相手の場にウイルスを巻き、自分のアタック時の効果を含めて全体に3000ダメージを与えることができる実質ブレイブドラゴン。
マコ以外に悪魔カードはこれだけなので、マコを出せば結構な確率でこのカードを引くことができます。

素だしではその強さを発揮できないので<おおきくなるよ!>とJKの<ブレイブシールド>をセットで使い相手の場を更地にしていきます。
このコンボを3ターン、遅くとも4ターン目に叩き込んで勝つのがこのデッキの理想的な勝ち方になります。

実は1.4になるまではブレイブドラゴンを使用していましたが、こいつが出てからは取って代わってしまいました(^_^;)
進化ユニットではなく、コストも1軽い、ウイルスでシヴァの火力も上げれると、ブレイブドラゴンより優秀なんですよね・・・。
しかも次のエラッタでBPが1000上がるという謎の強化をされてますます活躍することは間違いありません。

<テューポーン>
後攻のマリガン基準。いわゆる<インペリアルテューポーン>を決めるのが理想です。
BP6000とアタックが通った時の強力な効果から序盤で相手の場を乱すのに最適です。
中盤で不必要になったらサクっと軽減か魔法石の材料にしましょう。

<火炎将軍スルト>
1.4EX1で登場し、巨人という種族を本格的に第一線へ導くことになったカード。
単純にトリガー破壊のためだけに出してもいいし、人身御供やアリアン珍獣と呼んだら早めに置いてプレッシャーをかけていけます。

<おおきくなるよ!>を使ってすぐ相手の場を掃除しに行くのもいいです。
忘れがちですが<テューポーン>が横にいた場合はダメージが1000上がるのも重要です。

<暴虐王バアル>
これとデビルウィンナーセットも後攻マリガン基準その2になります。
最近はBP6000を持ったシステムユニットも増えてきていますので、それを踏み潰していけるこのカードはやはり優秀です。
ダメを喰らうことにより安定して3ターン目終了時にJKゲージを溜められるのもいいですね。

<絶望の天魔アザゼル>
一時代を築いたアザゼルも様々なパワーカードに押されてとうとうDOPが1ついてしまう時代ですよ。
とは言えCIPでトリガーを破壊する能力とレベル2ユニットを焼き殺す能力は十分一線で活躍できます。
最近はレベル2でもBP6000というユニットも増えてきていますしね。

<狂神アレス>
ミューズやヴィシュヌなど面倒な壁が出てきた時や青相手に戦闘したくない時に使います。
ランダム2体防御不能はやっぱ強いですね。
ただ、思ったほど出番が無いのでアザゼルをもう一枚増やしてもいいかなと思ったり。


<破壊少女シヴァ>
説明不要の虹色カード。
非情に幸運なことに3枚手に入れることができたので使っていますが、まあ、強いです(^_^;)
このカードについては別のタイミングで解説したいですね。

ファフニール
昔から愛用しているマイフェイバリットカード。いや、強くないですかこのカード?

通常の相手にはこのカードを使わず赤単っぽい動きでいいのですが、秩序の盾持ちや侍などが効きづらい相手が出てきた時にかなり刺さります。
昔はCP5で重かったのですが、エラッタでCP4になったことでぐっと使いやすくなりました。
基本は<虹色のキャンパス>とセットで使いますが、ミューズだけはどうしようもありません・・・。除去されないのを祈って1ターン我慢しましょう。

注意しなければならないのは「ウイルスが相手の場にいる時にアタックしてしまうとウイルスでブロックされてしまう」ことです。
※ウイルスは攻撃も防御も不能ですが沈黙によりこのデメリットが消えて戦闘に参加できるようになります

沈黙能力を付与するユニット全体に言えることですが、忘れないように注意しましょう。

<闇ずきんちゃん>
DOB要因。ファフニールの軽減コストや魔法石の材料として使いますが、
もしもの時は<虹色のキャンパス>で軽いスピムアタッカーになったりします。

<巨竜の島>
DOBを稼ぎつつデッキ圧縮とファフニールを確実に手元へ呼ぶ大事な役割があります。

昔はブレイブドラゴンも呼んでいたんですけどね・・・。

<虹色のキャンパス>
ファフニールへスピードムーブを付与するのがメインの役割ですが、スルトやテューポーンに使って不屈+BP1000を付与し壁になってもらうのも悪く無いです。
本当は3枚入れたいのですが、2枚しか持っていないのでこうなっています・・・。

<無限の魔法石>
最強サーチカード。いざというときにこのカードがあるときの安心感はいいです。
状況に応じて最適のカードを持ってこれるよう考えれるかどうかが重要ですね。

<おおきくなるよ!>
このデッキのキーカードその2
赤単に取っては完全に上位互換インペリアルソード。基本はシヴァやテューポーンにスピードムーブを与える目的で使います。
新カードのためDOBが1P付いているインペリアルソードという扱いで、+BP2000は滅多に使うことないですが、ミューズが出てきた時なんかに腐らないのがいいですね。

次のDOB更新で間違いなく0Pに落ちているのでそうなったらまた考えますw

<ヴァンパイア・アイ>
DOB稼ぎでもありながら、かなり役立つカード。
おおきくなるよ!による奇襲やバアル、パズズによる除去しつつアタックするユニットのおかげで直接アタックは通りやすいです。
これで勝負を決めた試合も多いお気に入りカード。

<JOKER:ブレイブシールド>
最近ピンクと見るとセイクリッドフィールドを連想する人がとても多いですが、このブレイブシールドも相当強力なジョーカーだと思います。
このデッキとの相性は抜群で、パズズとのコンボを決めるのがこのデッキの勝ち筋ですね。

ジョーカー考察はまた今度しようと思います。


最初ということで全部書いていたらすげー長くなった・・・。
動かし方としては各カードに書いたとおりと「相手の場を更地にすることを考える」という赤の基本的な立ち回りを意識しています。
それで勝てる場合もありますが、そうじゃない時にどう考えていくかが楽しいですね。ちょっと長くなるので割愛しますけど。

天敵はとにかく<ミューズ>です。秩序の盾もですがスピードムーブが全く機能しないのがキツすぎます。
逆に言えばこのカードさえ出されないかぎりどうにでもなるかなという気がしますが。

とりあえず長くなりましたが、今日はこんなところで。できるだけ更新頻度高いようにしていきたいと思っています。


全国でもし遭遇したらよろしくお願いしますm(__)m