中級Jラン目線から見るCOJブログ

J帯の人間から見てみるCOJの考察とかです

JOKER考察その4:鈴森まりね(THE MAGICIAN)

あれほど当たらないと言っていた加護盗賊に今日は連続であたって萎え萎えです・・・。
やはりあれは闇でしたわ。握るデッキを変えないといけないですね。

さてJOKER考察第四回はハロウィンコスでの痴女っぷりが話題となった(酷い)鈴森まりねのTHE MAGICIAN。
現在最も使われているであろうキャラクターです。


1・ワンダフルハンド CP3/☆☆☆
効果:手札が7枚になるまでカードを引く(次回のエラッタで”カードを5枚引く”に変わるそうです)

今の環境において、最も多用されているJK。通称ワンハン。
TCGにおいて、カードを引くというのは最もシンプルで強い効果の一つです。
特にCOJではターン制限もあり、オーバーライドなどスピードを重視するゲーム性のため重要度が高いです。

その中でこのJKは最大7枚もカードを引けるという圧倒的なハンドアドバンテージを得ることができ、単純にそれが強いのです。

おおよそどんなデッキでも使えますが、CP3かかるため大量にカードを手に入れてもそのターンでやれるとなると限られます。
そのため低CPで大量除去が狙えるレベコン(残ったCPでハデスやイザナミを仕掛けられる)や追い風珍獣でデッキで主に使われているようです。

後述の<トリックフィンガー>はデッキにカードがたくさんある序盤で2枚しか引けないため引けるカードが運任せになるのですが、ワンハンはデッキも少なくなる後半で大量にドローできるため、きちんと計算すれば引くカードを絞れるためその後の戦略を描きやすいのも強みです。

もともとCP2で2速だったのがエラッタで今のようになり、コストは重くなったもののスピードが上がったことからライバルJKである<冥札再臨>と同じタイミングで使えるようになり、よりカードを引くことができるこちらのJKを使う人が増えたのだと思います。

しかしやり過ぎたのか、さらに次のエラッタで調整が入りカードが5枚までしか引けなくなりました。
明確な弱体化でありパワーは落ちるものの、これに変わる効果のものがないので結局は使われるのではないかと思います。

それだけ強いのに初期装備JKであるのも密かにポイントで、他のJKを育てる必要なく使いたいと思った時すぐ使えるのもいいですね。

2・トリックフィンガー CP1/☆☆☆☆☆☆
効果:カードを2枚引く

ワンハンよりぐっと軽くなり効果も控えめになった即効性重視のドロー加速JKです。
とにかく1ターンでも早くユニットを揃えてオーバーライドをさせたい珍獣や獣デッキで使われていましたが、ワンハンが強化されたことと<策略の装填>のような強いドロー、サーチカードが増えてきたことからか見かけることがかなり少なくなりました。

また、序盤に使うJKなのでCP1が結構重たく引いたカードが使えないこともあります。
これは1速遅くしてもいいから、CP0にしてもいいと思うんですけどね。強すぎるかな?

3・怒りのフルチャージ! CP2/☆☆☆☆
効果:あなたのユニットの基本BP+[あなたのライフダメージ×1000]

ドロー強化に続いていきなり出てくるまりねに合わないパワフルなJK。これは深読みですが、設定で親子という噂もあるアフロの血を引いているのを意識させているのかなーなんて思ったりしています。
ライフが少なければ少ないほど強化されるものの、逆に言えばライフが少なくならないかぎり役に立たないため戦略を練りづらく、BPが増えるだけで他に何の能力もつかないことから、実践で使われることはほぼ無いと言っていいでしょう。残念ですが。
同じユニット強化目的なら<セイクリッドフィールド>が100倍強いです。

CPUのまりねはよく使ってくるので、噛みあうと詰んだ状況になったりしますけどw

使われない上にまりねというキャラに似合わない効果なので全く別の効果に変えて欲しいですね。
例えばライフに応じたBPではなく、CPを増やすとかにすれば面白い気がします。

4・ドリームキャッチャー CP7/☆☆
効果:あなたのCPを+12する

CP7使って12にするので、実質+5にするすごい追い風(ダサ)です。
多くのCPを使うコンボデッキ。<石川五右衛門>や<ヤマタノオロチ>を組み込んだ1ターンキルを狙うデッキに使われることがほとんどです。
戦略の時点でこのJKを組み込むことになるデッキになると思うので、このJKが溜まるまでのプロセスと、溜まった時にきちっとコンボを行うことができる場を整えられるかどうか使う人のセンスがかなり問われます。

いかんせんファンデッキになりがちなので、安定した勝利を狙うなら使いづらいもののロマンに溢れているのでファンはいるJKではないでしょうか。
これはこのまま据え置いておけばいいかなと思います。


以上、まりねのJK紹介でした。

とにかくワンハンの強さが目立ちますがドリームキャッチャーも夢があって面白いですね。
ワンハンのエラッタと新カード追加でどうなるかが注目です。


次はアフロwのTHE CHARIOTを紹介したいと思います。