中級Jラン目線から見るCOJブログ

J帯の人間から見てみるCOJの考察とかです

1.4EX2カードレビュー(赤ユニット)

いろんなブログなどでさっそくカードレビューが行われていますね。
人によっていろんな考え方があって興味深いです。

というわけで自分なりのカード初見感想を

してみたいと思います。まずは赤ユニットからです。

点数の付け方はすごいざっくり言えば

6点・・・どのデッキにも入れるべき手放しで強い虹色カード<無限の魔法石><破壊少女シヴァ>
5点・・・DOP0点の中でも特にその色には必須のカード<毘沙門><冥王ハデス>
4点・・・DOP0に常駐カード<ヴァルゴ><ロキ>
3.5点・・DOP0と1を往復するようなカード<侍デッキのパーツ><昆虫デッキのパーツ>
3点・・・DOP1に常駐するカード。強いカードが多いのだが、上位にいるカードと比べるとやや見劣りしたり押し出されてしまったカード
2.5点・・DOP2に常駐するカード。キラリと光る良カードが多いが、ガチレベルで使うのはもう一つのカード<ブレイズシューター>
2点・・・DOP4点になった時に使われる、基本弱くて使わないけどポイント稼ぎには便利なカード<ドン・ペローネ><アクアランサー>
1点・・・DOP4点から抜け出せないカード<精神統一><データブレイク>


そんな感じです。結構感覚ですので、あくまで参考程度にお願い致します・・・。

<アイアンゴーレム>C 機械
CP2 BP8000/9000/10000/
【防御禁止】
□争いの追憶
あなたのターン終了時、このユニットのレベルが2以上の場合、あなたのユニットを1体選ぶ。それを消滅させる

・2.5点

緑の<ゴーレム>赤版。あちらは攻撃禁止に対してこちらは防御禁止と色らしい特徴に変わっています。
<ゴーレム>は<早撃ち>というシナジーがあり、壁ユニットなので出したらすぐに仕事するのに対し、こちらはアタッカー専用のくせに出してすぐアタックできない(さすがにこれにインペリアルソードを使うのは勿体無い)ので仕事するまでが遅くその上相手にチャンプブロックされては割に合わないためそのままでは使いにくいです。

おそらくこのユニットのコンセプトは自軍にあるウイルスを消滅させることにあるのでしょう。
相手に押し付けられたウイルスは勿論、今回から「能力は高いが、自軍にウイルスを置くデメリットがある」ユニットが多くいるためそれらと上手く組み合わせてみると面白いかもしれません。

ちなみに<ゴーレム>は巨人だったので<エンジェルビルダー>を横に置くことによりデメリット部分を無くすことができました(全員に加護が付いていると消滅対象を選べないので発動しない)が、こいつはそういう悪さをさせないためか機械になっているのでご注意ください。
嫌らしいわーw


<フォックスバンデット> C 盗賊
CP2 BP5000/6000/7000/
□地走りの早業
あなたのターン開始時、ラウンド数が奇数の場合、対戦相手のユニットを1体選ぶ。それに[対戦相手の手札の枚数X2000]ダメージを与える。

・2.5点

<フェザードール>の軽量版でありながら、場合によってはそれ以上の火力が出せるカード。
とは言え、相手の手札依存なので安定せずユニットとしても2CP5000と平均的なためこれならまずは<フェザードール>を使うことを考えるでしょう。
これがせめてターン終了時とか変化を見せてくれればよかったんですけどね。


<丹花のリンリン> UC 舞姫
CP3 BP5000/6000/7000/
□援軍/舞姫
このユニットがフィールドに出た時、【舞姫】ユニットのカードを1枚ランダムで手札に加える。
□鳳仙華の舞
あなたの【舞姫】ユニットがフィールドに出るたび、対戦相手のユニットを1体選ぶ。それに[あなたのフィールドの【舞姫】X1000]ダメージを与える。

・3.5点

どんどん追加されている種族・舞姫。ついに待望のサーチャーでありながら<パピヨンガール>のような能力を持ちます。
昆虫と違い舞姫は<ミューズ>がいることにより<破壊少女シヴァ>をあまり恐れずユニットを横に展開できるので上手く並べればすごい火力を生み出せそうです。
舞姫デッキを組むなら間違いなく3積のカード。おそらく、発売当初は舞姫デッキを組んで見る人が増殖することでしょう。


<シルフの空士> UC 天使
CP2 BP6000/7000/8000/
□ジェネレイト<ウィルス・炎>
このユニットがフィールドに出た時、あなたのフィールドにいる【ウィルス】ユニットを除外する。その後、あなたのフィールドにユニットが4体以下の場合、あなたのフィールドに<ウィルス・炎>を1体【特殊召喚】する。そうした場合、このユニットに【無我の境地】を与える。
□<ウイルス炎>
あなたのターン開始時、このユニット以外のあなたのユニットに1000ダメージを与える

・2点

今回から登場する「能力は高いが、自軍にウイルスを置くデメリットがある」ユニットです。
CP2BP6000はいいのですが、無我の境地と耐性はやや微妙です。しかも<ウイルス炎>があるため、こいつ自身がアタックの時はBP5000です。微妙。
流石にメイン投入は見送られて、DOP調整にされるカードだと思われます。


<バーンソーサラー> R 魔導士
CP4 BP6000/8000/10000/
□バーンウィザード
このユニットがフィールドに出た時、対戦相手のユニットを1体選ぶ。それに[あなたのフィールドにいる【魔導士】X1000]ダメージを与える。
□受け継ぎし禁術
このユニットが破壊された時、対戦相手のユニットを1体選ぶ。それに[あなたの捨札の【魔導士】X2000]ダメージを与える。

・2点

魔道士デッキ用<パピヨンガール>・・・と見せかけて、ダメージが出せるのはこいつ自身が出た時だけの能力です。なぜ?
そのくせCP4と重たく、この能力をメインにすることは期待できません。
破壊された時の能力はかなり高いので、魔道士デッキを組んでいれば捨札にも溜まりやすく敵ユニットを1体道連れにすることは容易でしょう。

これが3CPでBP6000のままだったら随分変わっていたのでしょうが、このままでは魔導デッキでも入れるかどうか微妙なところです。


<遮那王義経> VR 侍 進化ユニット
CP2 BP4000/6000/8000/
□奥義・八艘飛刃
このユニットがアタックした時、対戦相手のユニットを1体選ぶ。それに[あなたの捨札の【侍】X1000]ダメージを与える。
□千秋の想い
このユニットがプレイヤーアタックに成功した時、【舞姫】ユニットのカードを1枚ランダムで手札に加える。

・2.5点

低コストの進化ユニットなのはいいのですが、効果が捨札依存のため序盤では使いづらいことと本人の戦闘能力が低いためイマイチ使いにくい気がします。
しかも侍デッキには<剣聖・武蔵>という大御所が居座っており単体火力に関しても安定感のある<炎鬼イフリート>がいるためどの枠に入れるかが悩みそうです。

舞姫デッキに入れて、サーチ効果に期待する感じなのかな?


<大天使ウリエル> VR 天使 進化ユニット
CP4 BP6000/7000/8000/
□神炎無双剣
このユニットがフィールドに出た時、対戦相手のユニットを1体選ぶ。それに[対戦相手の手札の枚数X2000]ダメージを与える。
□天からの煌閃
このユニットがアタックした時、あなたのフィールドに【天使】ユニットが3体以上いる場合、対戦相手のユニットを1体選ぶ。それの行動権を消費する。

・3点

公式ブログで事前公開されていたユニット。天使版<タケミカヅチ>みたいなポジションでしょうか。
手札依存のため火力が安定せず、単体への火力だけ見るなら<暴虐王バアル>の方が優秀です。
やはり使うからには最大限にその能力を活かすため天使デッキで使用したいです。

ただ、赤にはそれほど優秀な天使ユニットがおらずこいつが進化ユニットなのもあって3匹並べるのは苦労しそうです。
同じCPに種族関係なく入る<絶望の天魔アザゼル>というライバルキャラがいるのも悩ましいところ。
総じて使いにくいユニットというところに落ち着いてしまうんじゃないかなあと思います。


<魔軍総帥アスタロト> SR 悪魔
CP5 BP6000/7000/8000/
【消滅効果耐性】
□烈口の威令
対戦相手のBP7000以上のユニットに【防御禁止】を与える。
このユニットが破壊された時、【悪魔】ユニットのカードを1枚ランダムで手札に加える。
あなたのユニットがフィールドに出るたび、ユニットを1体選ぶ。それのBPをターン終了時まで+2000する。

・4点

明らかに今の環境に対して被せに来たカードですねこれ。
BP7000以上のユニットと言えばこれまで赤の天敵であった<統制者ヴィシュヌ><軍神アテナ><エンジェルビルダー>等を無視することができます。
そして<セイクリッドフィールド>を付与されたユニットたちがこの効果の範囲に入る可能性も高くなります。

大きな特徴はこのユニットが場にいる限り効果を発揮する能力なので、後から出てきたユニットに対しても効果があることです。
これがCIPだったらユニットを出したそのターンで勝負を決める使い方をしないといけないのですが、永続なので早い段階から出して使うこともできるのがいいです

似たような能力を持つユニットに<狂神アレス>がいますが、あちらCIPなので使うタイミングを図らなければいけません。
とは言え、BP関係なく防御禁止を与えられるのとアレス自身がアタックできるなどどちらも特徴があるためデッキによって使い分けるのがいいと思います。

この能力だけでも十分だと思いますが、ヤケクソのように他にも能力がついています

消滅効果耐性のおかげで人身御供であっさりやられることもなく、消滅されないということはがやられる時はほぼ確実に破壊された時に悪魔をサーチする効果が発揮します。
こいつ自身が悪魔なので自身をサーチし、またすぐ出てくる可能性があり相手からすれば悩ましいことこの上ないでしょう。
最後の能力も地味に強く、並んだユニットがBP7000未満のユニットを突破するためのサポートをしてくれそうです。

SRユニットらしい強力な能力を持ったカードで、赤の濃いデッキなら必須になってくるカードでしょう。
とは言え相手によってはあまり役に立たない能力なのと、自身のBPは並なので場面によって強い弱いがはっきりしてしまうカードかなとも思います。


以上、赤ユニットの紹介でした。
<丹花のリンリン> の登場による舞姫デッキの躍進と<魔軍総帥アスタロト>による苦手デッキへの対策が注目といったところでしょうか。うーん・・・楽しみです。

次回は青ユニットを紹介したいと思います。