読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中級Jラン目線から見るCOJブログ

J帯の人間から見てみるCOJの考察とかです

アタシが全部終わらせた

今年最後のDOB更新で、とうとう<破壊少女シヴァ>がランキング1位になり名実ともにCOJナンバーワンカードになりました。

もはやこのカード抜きではゲームが成り立たないと言えるレベルです。
そこで今更ですが、なぜこのシヴァというカードがそこまで強いのか自分なりに考えてみました。

まず能力を整理してみましょう


<破壊少女シヴァ>SR 神
CP2 BP2000/4000/6000
このユニットがフィールドに出た時、自身以外の全てのユニットに[対戦相手のフィールドにいるユニット数×1000]ダメージを与える。
このユニットがオーバークロックした時、対戦相手のユニットを1体選ぶ。それに10000ダメージを与える。
このユニットがアタックした時、ターン終了時までこのユニットのBPを[あなたの【神】ユニット×2000]する。

CIPで全体に火力をばらまき、OCしていればさらにほぼ確実に一体除去が可能。
そしてCP2と軽いためその後も追い打ちがスムーズにできる通常ユニットです。

この通常ユニットというのが、このカードのやばいところです。
そんなとの当たり前やんという話ですが、そもそもCOJというTCGの大きな特徴として

通常ユニットをプレイする時に払うコスト(CP)はユニットの色に関係ない

事が挙げられます。(進化ユニットと有色インターセプトは場に同じ色のユニットがいないといけないので色付きコストを払うのとほぼ同意です)

自分は昔MTG(マジックザギャザリング)とかをやっていましたが、往々にしてTCGでは

カードをプレイするためには、そのカードと同じ色でコストを払う必要がある

というルールがあるものが多いです。
MTGで言えば、赤カードをプレイするのは赤マナが必要になります。
その赤マナを生み出すためのカード(山)をデッキに入れなければなりません。

ところがCOJだと通常ユニットをプレイするのはCPだけでよく、37枚青色のデッキであっても3枚入っている赤色の通常ユニットカードは全く問題なく使えるのです。

このためCOJはゲームデザイン的に効果が強い通常ユニットは色関係なくあらゆるデッキに入ってしまいます。

そういったタッチ採用は軽減コストのユニットが用意しづらいことが弱点となります。
同じくタッチ採用されやすい<大魔導師リーナ><統率者ヴィシュヌ><蝿魔王ベルゼブブ>はCP5と大きなコストがかかるため、軽減してCP4で出せるかどうかは大きな差となりタッチ採用だとやや使いづらいです。(それでも強いけど)

が、シヴァはCP2と軽いため軽減できなくてもさほど問題にならないというのがまた強いのです。

以上
・虹色というより無色で出せてしまうユニット
・CP2という1ターン目からでも出せる低コスト

これらがシヴァがこのゲームで強い理由だと思います。

なので、シヴァのような超強力ユニットは進化にするか
「場に赤ユニットが2体以上いる時のみ出せる」
「墓地に赤カードが5枚以上ある時に出せる」

のようにデッキの色をある程度制限しないとプレイできないとかしないと面白く無いと思うんですよね。
後は単純にCPを3にするか。

と言っても、このカードを前提にしたデザインのカードも多く見受けられてエラッタを受ける可能性は低そうですけど・・・。

しばらく彼女の天下は続きそうです。