中級Jラン目線から見るCOJブログ

J帯の人間から見てみるCOJの考察とかです

イベント22nd-リミテッド開始

ぼちぼち1.4EX3も見えてきた中、今日から新しいイベントが始まりましたね。
レギュレーションは

・Ver.1.3以降のカード&全てのPRカード使用禁止

となっています。
いよいよスタンダート落ちが迫ってきている1.1EXまでのカードとのお別れ会といったところでしょうか。

1.2とEXのカードも1クレで8枚のカードパックが発売されて、これは1.1がスタン落ちした後の土台となるカードとして入手をしやすくしているのでしょう。
ほぼ恒久的に販売されるパックのようなのでありがたいですね。

今回のイベントは秩序の盾持ちがいない(アレキサンダーはちょっと違う)ため、赤が主役の色となるでしょうね。
特に今でも最前線で戦う<蝿魔王ベルゼブブ>が猛威を振るいそうです。
<ブレイブドラゴン>もこのレギュレーションなら主役となりうるでしょう。

後は珍獣デッキもかなり強いと思います。
必要なパーツはほぼ揃っているので、珍獣使える人は強いでしょうね。
後はイベントでDOBに与える影響がちょっとありそうです。

そしてイベント報酬カードが以下になります


<デッドヒート>
・コスト:0
・カテゴリー:インターセプト
・属性:赤
・レアリティ:PR
・アビリティ:
■デッドヒート
あなたのユニットが戦闘した時、そのユニットが戦闘中の相手ユニットとBPが同じ場合、対戦相手に1ライフダメージを与える。

・2点

相手ユニットとBPが同じ時のみ相手に1ライフを与えることができるという、使いにくいシリーズのカードです。
ただ、このカードは複数同時に使うことにより一気に2ライフ以上奪うこともできるのが大きな特徴です。
と言うか、そうしないと<正拳突き>の方が圧倒的に使いやすいですw

また、何気に防御戦闘時に使うこともできるので相手ターンでライフを奪う貴重な手段にもなっています。
アタック時と違い相手ユニットのBPを見てブロッカーを選べるので多少は発動しやすくなるでしょう。
とは言え、相手も相打ちを避けてコンバットトリックを使うことがあるでしょうからそうなっては無駄になりますが・・・。


総じて使いにくいことには変わりなく、実践で観ることはほぼ無いでしょう。
だれか<タイマン>とのコンボで3ライフとか奪って欲しいです。

 

<祝祭のマツリ>
・コスト:3
・カテゴリー:ユニット
・属性:緑
・レアリティ:PR
・種族:昆虫
・BP:Lv1 6000/Lv2 7000/Lv3 8000
・アビリティ:
■カウンター・クロック
あなたがプレイヤーアタックを受けるたび、ユニットを1体選ぶ。それのレベルを+1する。

■蜻蛉のマツリ太鼓
このユニットがクロックアップするたび、対戦相手のユニットを1体選ぶ。それの基本BPを-2000する。
あなたのフィールドに【昆虫】ユニットが出るたび、あなたの捨札にある【昆虫】ユニットのカードをランダムで1枚デッキに戻す。

・3点


一応今回のメインとなる報酬カード。
舞姫にすっかりその立場を追われてしまった昆虫デッキの新たな希望となるべくかなりハイスペックなカードとなっています。

まず緑ユニットで3コストBP6/7/8と十分な数値を持っており、実は昆虫ユニットでは初のBP6000ユニットです。その上でカウンタークロックも装備しています。

クロックアップすることにより、基本BPを-2000することができ秩序の盾持ちにも効果があります。
カウンタークロック能力は待ちの手段なので、ヒトミなどを使い積極的に仕掛けていってもいいでしょう。

もう一つの能力は昆虫ユニットが場に出た時墓地から昆虫ユニットをデッキに戻す能力です。
ちゃんとこのユニット自身が出た時にも発動するのが嬉しいところですね。
ユニットを使い捨てやすい昆虫にとってはありがたい能力ですが、あくまでデッキに戻る(しかもランダム)だけであり即効性が無いことと場合によってはキーカードへのアクセスを妨げてしまう可能性があります。

強いカードなのは間違いないですが、昆虫デッキの弱点が克服されるわけではないため今まで苦手だった相手に対して有利になるということはあまりなさそうです。
パピヨンガールの火力を底上げするための1コスで優秀な昆虫とか出てきてくれれば変わったかもしれないのになあ・・・・。