中級Jラン目線から見るCOJブログ

J帯の人間から見てみるCOJの考察とかです

【COJP】要注意カード、ニードルヘルとアレクサンダー

COJPで稼働して1週間。ある程度地ならしもすんで、慣れてきた人も挫折した人も出てきたというところではないでしょうか。自分もJ~Kを行ったり来たりです(^_^;)

さて このCOJPで一番使われている&ヘイトを集めているカードの1つが

f:id:reoparudon:20170114202625j:plain

(C)SEGA

<ニードルヘル>だと思います。


もともとこのカードはアケ版でも初期のカードであり、同じ効果で2CPという非常に重たく使い勝手の悪いカードで誰も見向きもしない産廃カードでした。

ところが、スタン落ち(アケ版では現在ベーシックパックで使われているカードのほとんどは古いカードとして使えなくなっています)する直前に一気に0CPにカードの効果が謎の上方修正されてました。

そうなった途端、一気に使用率が上がり最終的にはDOB0(使用率トップ帯)にまで駆け上がりスタン落ちするという有終の美を飾ったカードです。

言うなれば未来から来た強カードとも言えるわけですから、そりゃ今の環境なら強いわけです。

リリム、マーヤ、ネビロス、ブレイブドラゴンなどなど、スピードムーブ+他の火力との組み合わせも豊富な赤ではプレイヤーアタックを通すなどわけもありません。

アタックを通されてライフが減ったあげくにユニットまで破壊されてしまうのですから、そりゃ食らう方のストレスはたまったものではありません。
ブロックしてもプレイヤーアタックを通してもユニットがいなくなるというハメみたいな状況が起こるので、これが原因で即サレンダーすることもよく起こります。

カードのレアリティは低く誰でも手に入るカードなので、赤を相手にする時は最も警戒すべきカードとなります。逆に言えば赤を使う人は必須と言っていいでしょう。
・・・と言っても、現在の環境では分かっていてもどうしようもない状態が多いため甘んじて受け入れるしか無いのも事実です。

再調整される可能性も低いのでしばらくは付き合うしかないでしょう。

逆にこういった火力への対策として最も有効なカードが

f:id:reoparudon:20170114202819j:plain

(C)SEGA

アレキサンダー


となります。
アケ版も含めて全カードで唯一の能力である「王の治癒力」という能力を持っています。これはテキストを見ると

「このユニットは自身のBP未満のダメージを受けない」

とあります。
ブロウアップやニードルヘルをいくら食らったところでダメージを受けること無く全て0にしてしまいますし、忘れがちですがレベル3で戦闘をしても相手のBPが低ければ自身のBPが減ること無く勝利します。
このため数押しによる強行突破をすることができません。

ちなみに信玄が持つ「不滅」とは似ているようで‪全く違う能力です。
「不滅」はありとあらゆるダメージ効果を0にできますが「王の治癒力」は自身のBPと同じ、もしくはそれ以上の火力や戦闘ダメージを一度に受けた場合は普通に減少して破壊されます。
ただ現在7000以上の火力をなると<アークドラゴン><蛮王ベリアル>ぐらいしか今はなくどちらも実践ではほぼ見ないカードになるので、赤単で倒されることはほぼ無いと言ってもいいでしょう。

この能力に加え「固着」がついていることもあり、ジャンプーとKPという強力な除去に耐えることもでき今の環境でもっとも除去がしづらいユニットの1つなのは間違いありません。

そしてこれに<セイクリッドフィールド>や<一騎当千の神器>で「加護」がついてしまえば現在の環境で除去されることは<戦神・毘沙門>や一部のジョーカー以外にほぼ無いため一部のデッキは詰んでしまいます。
この状況を早い段階で作りに行き、場を固めるというのもデッキとしては十分戦えるデッキで自分も最近良く使っています。

珍獣や赤系統に対しても非常に強力なユニットですので、緑を組む場合は今や必須とも言えるユニットでしょう。


ただ覚えておきたいこととして<ノーブルドラゴン><バルバトス>などの基本BPを下げる効果には一切耐性がありません。あちらはダメージ効果ではなく、基本BPを下げてくるためです。
そして「王の治癒力」で耐えられるのは自身の基本BP未満のため基本BPを5000まで下げられた場合はブロウアップやニードルヘルで普通に破壊されます。
これは自分が使う上でも、相手にする上でもアレクサンダーに対して覚えておきたい知識です。

 


緑全般に言えますが後々青のカードプールが補充されたりするとどんどん使わなくなってくる悲しいカードですので、今のうちにどんどん使っておきましょうw