中級Jラン目線から見るCOJブログ

J帯の人間から見てみるCOJの考察とかです

エラッタ適用されたので残りの感想

どうもです。

気づいたら今日でエラッタ適用になったので(汗)だだっと残りのカード感想。


レヴィアタン

完全にリトルウォンド→冥界神オシリスレヴィアタンイザナミのコンボを狙い撃ちにした修正です。
ユニットを一方的に除去してライフを奪い、さらにがら空きになった場にアタックをすることで4点以上は一気に奪える上、全てが場に出た時に誘導する効果のためほぼ妨害することができないガード不能であるところが凶悪でした。

通常ではレベル2までにしかできなくなったものの、ハデスなどで一斉除去することは一応可能。
ただ、今までの爆発力からはかなり落ちるため果たしてどれだけ使われるか。。。

 

・テンプルアーチャー

そりゃこうなりますよね。
ヌト、ブッシュアーチャーと組み合わせることで1ターンキルも可能なり非常にこちらも凶悪なコンボでした。
思いがけないコンボでもなんでもなく、こうなることはわかっていてテンプルアーチャーを出したのにそしてすぐ修正をするという運営の考えの無さというのが最近は見られてなんだかなあと思います。

それでもヌトが出ていれば軽減1コスで出せるので十分ではあると思います。

 

・天上剣士イズナ
「天使ユニットが2体以上いる場合」だったのが単体のみで発動するようになっています。
このため天使デッキでなくても単体で運用できるようになり一気に構築の幅が広がりました。

もうひとつの「アタック時にライフ+1回復する」能力はそのままなのでこれは油断ならないです。
赤黄に組み合わせるのもベタで強いですし、インサイトストライフとの組み合わせも十分視野に入ると思います。
間違いなく今回エラッタの目玉カードの一つでしょう。

 

・イシス
一方こちらは弱体化エラッタの目玉。この効果、強いとかいう以前に長過ぎる。
いちいち長ったらしいあの演出にようやく付き合わなくても済むようになりました。
「1ターンに1度しか発動できない」とかではなく沈黙を与えて使えなくするというのはプログラミング的にかなり雑な気がしますw
ただ、一応の理屈を言えば沈黙さえ除去できればそのターンもう1回使えるってことではありますけど、そんなことできたっけ?

とは言え、CIPの2コスユニット消滅複製は強く純紫ではまだ使われるのではないでしょうか。


・マリンステラガール
これもわかりやすい弱体化。
今や墓地を肥やしつつデッキの回転率を上げることができるこのカードは蘇生青にはかかせないカードとなっています。
地味に5000というのも序盤でピンポイントに倒すのは難しく、並に戦闘ができるのも相手にしてみればやっかいでした。
しかし4000でもなく3000になったことでレーヴァテインや劣化したリリスの射程に入りましたし、戦闘でも2コスサーチャーと相打ちになる貧弱さです。

能力そのものは強力なので使われないことは無いでしょうが、間違いなく影響は出てくるでしょう。

 

・スポア・アクトレス
・・・誰だっけ?
いや、マジで。

 

・残務のグリーヴァ
もともとCP4という時点で居場所がなかったのが、3に下がったことで価値が上がってきました。
地味に加護持ちで紫ゲージに依存しないユニットなので、それなりに強いです。
ただ起動能力のダメージも減ってしまったのは痛いです。これが据え置きならよかったのですが。。。
DOP要因で活躍してくれそうです。

 

・ガンマバースト
消滅から手札に戻るだけで済むように。
もともと使うからには勝負を決めるカードだと思うのでだから何?というぐらいにしかなならないような。。。

 

・魔王・信長
今日エラッタされたのでカードテキストさっそく読んでみたら、アタッカーの能力が名称変更で強化された形でしたね。
ダイロク天魔剣の能力はそのままなので、これは超強化になりました。

しかも今はDOPが8と最高のため旬のカードです。
イベントが始まったこともあり使う人が多くいて次回で一気に躍進するのが間違いないカードでしょう。

 

・ブレイブシールド
ゲージ消費量が中になり、乱発がかなり厳しくなりました。
ゲームスピードを遅くしたい(らしい)運営の考えがあるのと、今回のイズナや信長のエラッタのようにアタックすることで得られるアドバンテージが大きいカードが増えてきたのも大きな原因かと思います。
気持ちはわかりますが、こうなるととても使いづらくて使用率がガクンと落ちそうです。
自分が稼働当初から一番使っているジョーカーだけにこれは残念。せめて0CPにしてくれたならなあ・・・・。


ということでした。
とにかくもまずは信長使って楽しみましょうかw

それでは。