中級Jラン目線から見るCOJブログ

J帯の人間から見てみるCOJの考察とかです

【アケCOJ】「THE AGENTS」(Ver.2.3)でのゲームシステム変更について考える

アケ版が(また)バージョンアップしますね。

今度のタイトルは

コード・オブ・ジョーカー THE AGENTS Ver.2.3

ということで、迷走していたタイトルもなんとなくこれで落ち着きそうな感じになっています。

JOKERの追加や新カード、パラメータ調整のみならず根本的なゲームシステムも変更されるという過去最大規模のアップデートです。

ゲームシステム変更点として

・ライフが8
・自壊ダメージでJOKERゲージは増加しなくなる
・トリガー、インターセプトのオーバーライドができるようになる
・種族が2種類複合されるものがある(既存カードも追加修正)

があります。軽く所見としては。

・ライフが8
・自壊ダメージでJOKERゲージは増加しなくなる
ライフが多くなったことでややゲームが遅くなり、よりじっくり戦えるデッキが強くなったかもしれません。
自壊JOKERゲージ増加廃止はデッキによってはかなり大きい影響がありそうです。
特に赤系は全身凶器や紅蓮の命などでアドを取りつつJOKERゲージを増やしてそのターンで使うというコンボがあったのができなくなったのは痛手です。
ただでさえ見なくなった強欲の代償はこれで完全に自殺用カードとなったでしょう。

ただ、その代わりJOKERゲージが溜まりやすくなっているそうです。ライフ増加も合わせて今まで以上にJOKERを使う機会が増えてくるのは間違いなく、戦略に影響してくるでしょう。

・トリガー、インターセプトのオーバーライドができるようになる
とうとうこれらもオーバーライドできるようになり、レベルも上がるようです。
今回追加される一部のカードでレベルにより効果が変わったり、レベルの高いカードを持っていると効果を発揮するものがあります。

それら以外は単純にカードを1枚捨てて1枚ドローになる形になる(はず)ため複数持っていたいカードは重ねずそのまま持っていくのも手でしょう。
未知数過ぎてどうなるかわかりませんが、どんな使い方が生まれるのか期待したいところです。

・種族が2種類複合されるものがある(既存カードも追加)
リストが多すぎて自分も把握しきれていませんが、様々な影響を与えると思います。
シンプルに種族デッキは選択肢が増えることになります。
そしてサーチカードも、2種族利用したピンポイントサーチができるようになるのでそれを活用する方法もありそうです。

例えば何かとヘイトを集めている魔王・信長も元々の不死から侍が追加されたので侍デッキに入れることも可能になりました。
その際禁じられた召喚術をデッキに入れておけばピンポイントに信長をサーチできる。。。のような使い方も考えられます。

 

総じてデッキ構築の幅が広がる変更になっていると思うので、新カードの追加も含めて一体どういったデッキが流行るのか楽しみです。

新カードプレビューやエラッタ考察はすごく大変なので気が向いたのだけぽちぽちここで落としていきますかね(^^;


それでわ。